澄川ラガー


モルトの味わいとホップの香りのバランスを重視した澄川流ラガービールで、ビアタイムの幕開けを。

ラガービールといえば、日本で最もたくさん飲まれているビアスタイル。澄川麦酒でも、このシンプルで奥深いスタイルを定番にしたいと考え、創業当初から何度も醸造を繰り返してきましたが、ようやく目指すかたちが見えたところです。そこで2021年2月より、4つ目の定番ビールとしてリリースすることにしました。

各社のラガービールは、暑い夏にごくごく飲めるのどごし系から、モルトの味わいを感じられるどっしり系まで、小さな違いではありますが、それぞれに特徴があるかと思います。そのなかで澄川麦酒のラガーは、モルトの味わいとシンプルなホップの香りのバランスを重視し、スムーズな飲み口を楽しんでいただけるようなレシピで造っています。そしてこの先も少しずつ、より良い方向に進化させていきたいと思っています。